「天久鷹央」シリーズの小鳥遊優に恋人はいたのか?

 最近「天久鷹央」シリーズをよく読み返している。

 作者である知念実希人が「このキャラクターのモデルは完全にシャーロック・ホームズですね」*1 と言うように、エキセントリックなホームズ役である天久鷹央と、ワトソン役の小鳥遊優が活躍する医療ミステリーなんだけど、個人的には装画がいとうのいぢということを差し置いても、ハルヒの影響があるんじゃないかなと思っている。あるいは読者である自分の楽しみ方がハルヒに近いという話かもしれないけれど。

 それはさておき読んでいて疑問に思った小鳥遊優の恋人について書いていく。

小鳥遊優の恋人

 シリーズ4作目*2 にして作中時間では最初にあたる、天久鷹央と小鳥遊優の最初の事件を描いた『スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ』において、ネクタイという情報から天久鷹央に一年以内に彼女と別れただろ?と推測された小鳥遊優は自身の恋愛遍歴について以下のように独白している。

すべて鷹央の言う通りだった。去年このネクタイをプレゼントしてくれた恋人とは、今年の初めに別れている。

『スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ』P24

 このやりとりは7月のこと*3 なので、この時点からは恋人と別れてから最長で7か月ほど経っている計算になる。

 さて、そこから作中時間では4か月ほど経った『天久鷹央の推理カルテ』収録の「人魂の原料」*4で、小鳥遊優はこのようなことを独白している。

残念ながらこの数年、恋人はいなかった。この病院に赴任する前、大学病院に勤めていた頃は、毎日の勤務が忙しすぎてそんな余裕はなかったし、この天医会総合病院に来てからは、旺盛な好奇心にまかせてわけの分からない事件に首を突っ込みまくる上司に振り回され、これまた恋人を作る余裕などなかった。

天久鷹央の推理カルテ』P68

 最初に引用した方を信じるならば、小鳥遊優は恋人と別れて1年経つか経たないかというくらいのはずである。にもかかわらず「この数年、恋人はいなかった」と言うのは端的に矛盾しているように読める。

 もし仮にこれが作者や編集側のミスによって起こったことだとすると、今現在の設定で小鳥遊優に恋人はいたことになっているのかいないのか。

*1:http://hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=1681

*2:前述のインタビュー動画で語られているように執筆順では1作目

*3:「去年の七月に僕が出向してくるまで、統括診断部はまともに機能していなかったのだ。」『火焔の凶器 天久鷹央の事件カルテ』P267

*4:天久鷹央の推理カルテ』の最初に収録されている「泡」は小鳥遊優が天医会総合病院に赴任してから4か月後(P17)で、「人魂の原料」は同じ月の話(P70)

私の中にあった大事なもの 「トラフィック・キングダム」と「オズの魔法使い」

トラフィック・キングダム」は、ペットを共通点の1つとした短編集の表題作で、女子中学生の桐原奈琉が主人公の物語。

 この小説には名前を挙げて言及される本が出てくる。それがオズの魔法使いだ。

続きを読む

「魔法使いの夜」第十三章『帰り道』について

 本編の実質的な終章である『帰り道』は激しいアクションシーンはないが、各要素に意味を持たせているように感じた。そのことについて「畦道と山道」「月」「星空」あたりに注目してあれこれ書きたいと思う。

続きを読む